ホーム
クリニック紹介
一般外来
外来透析
医療関係者の皆様

・エコーガイド下穿刺


動画によるご紹介

ワークライフバランスへの取り組み

  • 育児休業取得の推進
  • 多彩な勤務体系の導入
  • 有給休暇取得の推進
  • リフレッシュ休暇の設定

・施設見学

看護職への復帰をお考えの方、就職を検討中の学生の方など、見学ご希望の方はお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

施設見学のご案内

学会発表

2013年12月

第7回 Vasucular Access超音波研究会

臨床工学技士 渡邊 活気

  • 穿刺におけるエコーの有用性 〜エコーを穿刺手技改善に生かす〜

シンポジウム

看護師 平山 遼一

  • 穿刺困難に対するエコー

ページの一番上へ

2013年11月

第46回 九州人工透析研究会

臨床工学技士 渡邊 活気

  • コーガイド下穿刺の適応と有用性 〜看護師、臨床工学技士による800件の経験より〜

看護師 平山 遼一

  • 穿刺困難バスキュラーアクセス(VA)の特徴とその対応 〜Ns、CEによる透析室でのエコー解析より〜

看護師 新宅 美和子

  • 穿刺ミスを減らすための穿刺手技 〜Ns、CEによる穿刺ミス時の穿刺手技とエコー所見の比較より〜

看護師 國原 紀久美

  • 透析中のトラブル(脱血不良、静脈圧上昇)対応の標準化 〜看護師、臨床工学技士による透析室でのエコーより分かってきたこと〜

看護師 田淵 幸子

  • 当院での穿刺ミス低減化への取り組み 〜取り組み4年後の成績と問題点〜

看護師 宮城 リサ

  • ショック、心不全の低減化対策 〜個別指導が有効であった症例〜

第16回 日本腎不全看護学会学術集会・総会

看護師 新宅 美和子

  • 穿刺ミスを減らすための穿刺手技 〜看護師、臨床工学技士による穿刺ミス時の穿刺手技とエコー所見の比較より〜

ページの一番上へ

2013年10月

グループフォーカスインタビュー

医師 下池 英明

  • 透析施設における末梢動脈疾患の実際

第7回 NIT腎研究会

看護師 細川 典子

ページの一番上へ

2013年9月

第17回 日本アクセス研究会

臨床工学技士 真 優樹

  • 当院での穿刺ミス低減化の取り組み 〜取り組み4年後の成績と問題点〜

臨床工学技士 渡邊 活気

  • エコーガイド下穿刺の適応と有用性 〜看護師、臨床工学技士による800件の経験より〜

臨床検査技師 大谷 正彦

  • 造影剤アレルギー症例へのVAIVT 〜前腕・上腕部病変に対する体表面エコーと透視を併用したVAIVT〜

看護師 平山 遼一

  • 穿刺困難バスキュラーアクセスの特徴とその対応 〜看護師、臨床工学技士による透析室でのエコー解析より〜
  • 穿刺トラブル時の針先修正法の標準化 〜看護師、臨床工学技士によるエコーガイド下針先修正325件の経験より〜

看護師 新宅 美和子

  • 穿刺ミスを減らすための穿刺手技 〜看護師、臨床工学技士による穿刺ミス時の穿刺手技とエコー所見の比較より〜

看護師 細川 典子

  • 透析室のトラブル(脱血不良、静脈圧上昇)対応の標準化 〜Ns・CEによるエコーより分かってきたこと〜

ページの一番上へ

2013年7月

第2回 城北バスキュラーアクセス研究会

医師 下池 英明

ページの一番上へ

2013年6月

第58回 日本透析医学会

臨床工学技士 真 優樹

看護師 平山 遼一

看護師 山本 雅美

  • 当院における末梢動脈疾患患者への取り組み

看護師 田渕 幸子

  • 透析室における血液汚染低減化対策 〜リネン汚染について〜

臨床工学技士 藤田 晃弘

  • 人にやさしい透析室環境の見直し 〜静かな透析室を目指して〜

看護師 後藤 美帆

  • ショック・心不全の低減化対策

ページの一番上へ

2013年4月

第19回 北九州VA研究会

臨床工学技士 真 優樹

臨床検査技師 大谷 正彦

第40回 日本血液浄化技術学会、シンポジウム

臨床工学技士 真 優樹

ページの一番上へ

2013年3月

第18回 VAIVT研究会

臨床工学技士 真 優樹

臨床検査技師 大谷 正彦

ページの一番上へ

2013年2月

第47回 筑豊透析懇話会

看護師 平山 遼一

  • 慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常の診療ガイドライン 〜当院での現状を含め〜

福岡県臨床工学技士会 教育セミナー

臨床工学技士 渡邊 活気

ページの一番上へ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2002年