ホーム
クリニック紹介
一般外来
外来透析
医療関係者の皆様

・エコーガイド下穿刺


動画によるご紹介

ワークライフバランスへの取り組み

  • 育児休業取得の推進
  • 多彩な勤務体系の導入
  • 有給休暇取得の推進
  • リフレッシュ休暇の設定

・施設見学

看護職への復帰をお考えの方、就職を検討中の学生の方など、見学ご希望の方はお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

学会発表

2010年12月

第16回 北九州透析感染対策研究会

臨床工学技士 真 優樹

  • エコーで見た穿刺困難症例

第43回 九州人工透析研究会総会

看護師 越智 洋行

  • 穿刺順番の来院順番制から時間固定制への移行

臨床検査技師 大谷 正彦

  • 透析中のトラブルに対するエコーを用いた解析 脱血不良と静脈圧上昇

臨床工学技士 藤田 晃弘

  • 新人看護師教育における臨床工学技士の関わりについて

看護師 林 聖子

  • 当院における新人看護師教育の現状

看護師 新宅 美和子

  • 当院における穿刺ミス低減化への取り組み

看護師 山本 多恵

  • ショック・心不全を減らすための取り組み

看護師 城戸 宏美

  • 当院での高リン血症・高カリウム血症の取り組みについて

第4回 Vasucular Access超音波研究会

医師 下池 英明

  • 穿刺困難に対する超音波検査

ページの一番上へ

2010年10月

第1回 NIT腎研究会

医師 下池 英明

  • 当院における心房細動の管理

臨床工学技士 真 優樹

  • 当院におけるシャントエコーの活用法

第14回 日本アクセス研究会

医師 下池 英明

  • ジョイントシンポジウム 穿刺困難に迫る
  • 超音波VAIVTの有用性 病変の質的診断・拡張機序評価・合併症の診断
  • 過剰血流アクセスに対する橈骨動脈中枢結紮・縫縮術の長期予後

臨床工学技士 真 優樹

  • 体表面エコーによる中枢側静脈観察の有用性 シャント作製術前後の観察を含めて
  • 当院における穿刺ミス低減化への取り組み

臨床検査技師 大谷 正彦

  • 定期シャントエコーは必要か?
  • 狭窄の機序によりPTA後の予後推定は可能か?
  • 透析中のトラブルに対するエコーを用いた解析 脱血不良と静脈圧上昇
  • 透析室でのエコー159症例921件の検討

ページの一番上へ

2010年9月

第45回 九州医学検査学会

臨床検査技師 大谷 正彦

  • 当院におけるVAエコーの活用法

ページの一番上へ

2010年6月

第53回 日本透析医学会総会

看護師 宮城 リサ

  • ショック・心不全を減らす取り組み 安全な透析を目指して

第20回 日本臨床工学会

臨床工学技士 下田 英津子

  • 筑豊地区におけるRO水・透析液水質管理状況

ページの一番上へ

2010年5月

第35回 日本超音波検査学会

臨床検査技師 大谷 正彦

  • 定期シャントエコーは必要か?
  • 狭窄に対するPTA施行症例の治療部位のエコー所見

ページの一番上へ

2010年4月

第13回 北九州VA研究会

臨床工学技士 真 優樹

  • 当院における穿刺ミス低減化への取り組み

臨床検査技師 大谷 正彦

  • 当院におけるVAエコーの活用法

ページの一番上へ

2010年3月

第15回 VAIVT研究会

医師 下池 英明

  • 超音波VAIVTの有用性を探る 手技上の有用性から病変の質的診断・拡張機序評価・合併症の診断まで

臨床工学技士 真 優樹

  • 術前エコーを用いた計画的なVAIVT施行 デバイスの選択と医療経済を考慮して

臨床検査技師 大谷 正彦

  • 狭窄の機序によりPTA後の予後推定は可能か?

ページの一番上へ

2010年2月

第41回 筑豊透析医懇話会

看護師 福村 千鶴

  • 当院におけるフットケアの取り組み

ページの一番上へ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2002年